22歳の思うこと。


親孝行

『親孝行』って、具体的に何をすれば良いのでしょうか。




大学4年間、サークルとゼミに追われて、外の生活を満喫してきたわたし。

でも、サークルもゼミも終わって、時間が出来て、今までの生活をゆっくり振り返ってみた時に、
唐突に、「親孝行したい!」と思い始めました。


FPの試験を受けたせいもあるかもしれないけど、
これまで、わたしと兄のために、両親がいかに頑張って働いてきたかを見にしみて実感し、
来年から社会人になるのを良い機会に、わたしが両親のために出来ることはないかと感じたのです。


大学から疲れて帰ると、そこに母がいるのが当然だった。
父が毎朝5時におきて会社に行くのも当然だった。

でもそこには、20何年間もひたすら家事に打ち込んできた母の姿があったり、
毎朝3時間かけて通勤している父の姿がもうすぐ40年目になろうとしていたり。
信じられないくらいの年月を、家庭のために、それぞれの形で、費やしてきた両親の姿がありました。


それなのに、同じ年代の女の子がそうであるのと同じように、わたしは父と距離を置いたり、母親に対してムスっとした不機嫌な態度ばかりとったり。





だから、親孝行しなきゃって思い始めた。

母親の家事を突然手伝い始めたのもそのため。
母親に「どこかに出掛けよう」って誘うことが多くなったのもそのため。
父親にちゃんと「おはよう」と「おかえり」を言うようになったのもそのため。
父親の目を見てちゃんと会話しようとし始めたのもそのため。




『親孝行したい!』って思って、すぐに親に大金を渡して「旅行でも行って!」とか言えるわけもないし、
日々の生活の中で、少しでも両親が楽しみを見つけられるように何かするしか、
今のわたしに『親孝行』の方法はない。


親だから、そうやって心がけていてもやっぱり「やつあたり」とかしてしまうことはあるけれど。
両親と笑い会える時間を少しづつ増やしていけるといいな。。。
[PR]
# by rinney | 2007-02-12 21:06 | 独り言


カレー

作りました。




最近、ダイエット中なのにドカ食いしてる。。。
はふう。『いい女になろう』計画、実行中なのに。

美味しいものにはなかなか弱いです。



それでカレーです。



わたしの母は専業主婦なので、家事全般ぜんぶ、ちゃちゃっと一人でこなしてしまいます。
それに甘えてわたしはこれまで22年間、ほとんど家事をしない女でした(恥ずかしくて大きな声で言えない。。。)


でも今は、サークルも引退して卒論も終わって、とても時間があるので、
母親の手伝いをしながら家事の勉強中。



それで、今日は一人でカレーを0から10まで一人で作ってみました。


まあそこまで不器用ではないので、ちゃんと作れましたが・・・
母親は何十回も様子を見に来ては、手を出し口を出し(笑)

わたしってそこまで心配されてるのか。。。とほほ。




でも、家事、始めてみると楽しいです。
朝日を浴びながら洗濯物を干すのは、寒いけれど気持ちいいし。
アイロンかけるのは時間がかかるけれど、シャツがピシッとすると嬉しい。
でもやっぱりやること多くて大変で、母親ってすごい!!と思います。




今度は生姜焼きを一人で作れるようになりたいなー♪
[PR]
# by rinney | 2007-02-09 00:27 | 日記


靖国神社

社会人になるまであと2ヶ月弱、
毎日有意義に過ごさなきゃ!と思って、色んなことをしています。


さてさて、今回の日記はすごく重いし暗いです、すみません。
苦手な方はどうぞお戻りください(笑)




靖国神社、みなさん行ったことありますか?
わたしは以前から行ってみたかったんです。
そしてようやく、昨日、母親と二人で行ってきました。





靖国は行ってみてびっくり。

“○×翼賛会”とか“△□愛国会”とか、トラック並に大きな改造車がズラッと並んでいて、国旗を服にあしらった強面のお兄さんがぞろぞろと歩いていました。

機動隊や警察の方々もいっぱいいた。。。





神社はでっかいし、怖そうな人もたくさんいるし、正直最初は私は恐ろしかったです。

危ない思想の人たちがたくさんいるのかな。。。とか思って(←偏見でした、すみません)。




でも、神社に参拝して、靖国の記念館だか博物館だか(?)みたいなのを1時間くらい見学して、すごく衝撃を受けました。



ここからは大分重い内容になりますが。。。
日本人なら靖国神社は一度は行ってみた方がいいなと思います。




古代から近代までの日本での争い・戦争の歴史を、展示で辿っていきます。

戦争をやりたいなんて、多分わたしは死んでも思わないけど、
一人ひとりの命が幾重にも積み重なって今の世界があるんだなと感じました。



靖国神社の記念館(?)で最も印象に残ったのはやっぱり近現代ゾーン。
戦地だった沖縄から回収された遺品が、衝撃的でした。
穴が開いたヘルメットやメガネ、グローブが所狭しと…。
医薬品の瓶には、薬品と思われる液体が入ったままのものも展示されていました。
戦地へ行く青年に持たせたと思われるお守りは、(多分糸が無かったのでしょう)女性の髪の毛で縫ってあるものもあります。




靖国神社に祭られている戦死者たちの顔写真がズラーっと並んでいたのにも胸がつまりました。
そこでふと目に入った写真の男性の横に簡単なプロフィールがあり、「立教大学卒」と書いてありびっくりしました(わたしは立教大学在学中なのです)。

どうやら特攻隊として出陣したようで、その人の書いた遺書も展示されており、全て読んでしまいました。

遺書は奥さんと娘さんに当てたもので、「自分が死んでもいつでも見守っている」ということが書いてあったのですが…





不覚にも涙が出ました。







靖国神社に行って、韓国や中国との間の靖国問題について何が問題になっているのかが、なんとなくわかった気がします。


日本のやったことは残酷だったし非道だったし、それはどんなに言い逃れしたからって逃れられない事実だから、わたしたちはそれを背負って生きていくしかないけれど、

だからこそ靖国神社は必要だな、と思いました。

今までは、靖国参拝する歴代首相を見て、
「韓国や中国があんなに興るんだから、余計なことしないで大人しくしていればいいのに」
という感じで、公人の靖国参拝にはわたしは『反対』の立場だったのですが、

A級戦犯が祀られているから参拝してはいけないんだ、とかじゃなくて、
どのような形であれ、失われていった命を忘れてはならないという意味で、靖国参拝は必要なことのように今では感じています。


古代から現代まで、バカらしい理由できっかけになった争いもたくさんあったかもしれないけど、
悪いところも良いところも全て含めて、今の自分の生活が成り立っているのは、たくさんの犠牲があったからこそだと思います。




靖国神社を訪れるのは日本人だけじゃなくて、多くの外国人観光客も立ち寄るようで、
同じ見学者の中には、ヨーロッパからと思われる観光者もいました。

英語で話しかけてみればよかったかな。。。
あの外国人さんは、あの場所で、何を感じたんだろう。



記念館を出て、広い境内を母と二人でのんびり歩いていたら、
境内の中を歩く“○×翼賛会”の強面お兄さんも、なんとなく「何気に好い人そうじゃん!」とか思って話しかけたくなりました。

右翼とか左翼とか色々あるけど、「あー、あの人たちも平和な世界を祈ってるだけだよね」って思ったり。
「良い日本を作りたいだけだよね」って思ったり。




今、社会に出る前に、あの場所を訪れることができて本当に良かったと思います。
[PR]
# by rinney | 2007-02-09 00:20 | 日記


恋とは

今読んでいる小説の中で、印象に残っている件です。 





誰もが恋をすることによって、自分自身の欠けた一部を探しているものだ。

 だから恋をしている相手について考えると、多少の差こそあれ、いつも哀しい気持ちになる。

 ずっと昔に失われてしまった懐かしい部屋に足を踏み入れたような気持ちになる。







 
すべての物体は移動の途中にある。

 地球も時間も概念も、愛も生命も信念も、正義も悪も、すべてのものごとは液状的で過渡的なものだ。
 
 ひとつの場所にひとつのフォルムで永遠に留まるものはない。

 宇宙そのものが巨大なクロネコ宅急便なんだ。



                                     村上春樹 『海辺のカフカ』より





 今この時間にいる自分という存在は、いろんな成功や失敗を繰り返しながら、色んな経験をしながら、色んな人に出会いながら、どこかへ向かってずっと歩き続けているのでしょうね。
[PR]
# by rinney | 2007-02-03 14:14 | 教訓


今日の教訓

 『反省』することと、『くよくよすること』は違う

 『反省』することと『凹む』ことは違う

 
 その辺、もっとちゃんと理解しておくべき。
[PR]
# by rinney | 2007-02-01 00:58 | 教訓


納豆ダイエット?

トラックバックカテゴリ:ニュース・評論


関テレの『あるある』捏造問題ですが、

情報の送り手であるマスコミの責任は追及されるべきとして、


情報の受け手である視聴者側、消費者側も、もっとメディアリテラシーを高めるべきでしょうね。。。



何かひとつの物事がとり上げられると、それに一斉に飛びついてしまう。


しばしば過剰報道が問題とされる日本のマスコミもそうですが、

一過性の流行に右往左往してしまう“日本人の性質”が、今回の問題であらわになったように思います。



情報があふれる昨今、与えられた情報を鵜呑みにしてしまうのではなく、
自分なりの考えを持って情報を吟味する、行動に移す、といったような姿勢も必要です。




正しい情報を送る義務のある報道側の質をどう高めるのか、というのは、
報道側自身の務めでもありながら、
視聴者側の情報吟味力によっても成されるもののように思います。








なーんて、偉そうに書いていてすみません。
大学で社会学、特にメディアコミュニケーション論を専攻してたもので・・・

専攻してたわりには、薄っぺらいことしか書けないなあ。
わたしも修行が足りませんね(^^;
[PR]
# by rinney | 2007-01-30 22:50 | 時事ニュース


心が癒される時間

私の大切な時間&心が癒される瞬間

わたしは寂しがり屋だから、
友人や先輩、後輩と居酒屋に行って語ったり、逆に学生らしく大騒ぎしたりするのは大好きです。

心通う誰かと、お酒を囲むのは心地よい。
楽しい。
週1回は必ず、そんな日を持っています。



でも、わたしは1人でいる時間も大切にしてる。
自分自身と向き合えるから。

なにせ、わたしは「人に気を使いすぎる人」だから、
一人だけでいる時間は、日常生活の中での“自分”を支えるのには必要不可欠です。



そんな私の、心が癒される時間は、
カフェでのひととき

なるべく禁煙の店か、あるいはきちんと分煙している店。


スタバが一番のお気に入りで、エクセルシオールも好き。
ベローチェもなかなか。
ドトールはタバコの煙が禁煙席までくることが多いから、あまり好きではありません。


騒がしくても、カフェはなんとなく暖色系のライトがほのかに灯っていて、
温かいココアとか飲みながら勉強したり、本よんだり、ぼーっとしたり。

そんな時間は本当に安らぎのひとときです。



でも最近、スタバはホットココアを置かなくなってしまって、残念☆
(代わりにプレミアム・ホット・チョコレートというのが常駐メニューになったみたいだけれど、甘すぎて、わたしの好みではない・・・)




一人になりたくなったら、カフェでホット一息はおすすめです♪
[PR]
# by rinney | 2007-01-30 00:01 | 趣味


言いたいことを素直に言える強さ

わたしは、すごく他人に気を使うタイプです。

わたしは協調性があるけど、悪く言えば“自分を持っていない”タイプ。。。

周囲の忠告には素直に従うし、
人の意見には、「なるほどなー」、「そういう考え方もあるのかー」って納得しやすいけど、

悪く言えば、“影響されやすい”だけ、みたいな。



でも近頃、サークルを引退して自分だけの時間が増えて、
自分自身についてよく考えてみる時間も増えました。

例えば、自分が「こうしたい」っていうのがあるのに、一緒にいる仕事仲間とかがそれとは相反することをしている。
そういう場合、今までわたしは「いかにその人の気持ちを損ねることなく、なおかつ動いてもらうか」ということを一番に重んじてきたので、
口調が甘くなっちゃうって言うか、ただ単にそれは結局、人から嫌われることを恐れて自分の本音を押し隠しているだけのような気がします。

でもこれからは、ときには怒気を含んででも強く主張しなきゃいけないこともあると思うし、
「でもさ・・・」って反論する勇気とか、そういうものが必要になることも多々あると思う。



社会に出れば協調性は大事です。

でもそれだけじゃないよね。
自分の信念も絶対大事だし、

もし、将来仕事で誰かの上に立つようなことがあったら

だた「優しい」、「穏やか」なだけの人じゃダメだと思う。



少しずつ少しずつ、自分を変えていきたいと思います。
[PR]
# by rinney | 2007-01-28 23:24 | 趣味


ブログ移転

突然ですが、別のブログから移転してきました!
rinneyと申します☆

このページは、只今大学4年生・4月から社会人になるわたくしrinneyが、
これから社会に出ることをきっかけに、今自分が考えていることを日々つづっていきたいという動機があって書かれております。

まだ未熟であまっちょろい自分の考えていることなんて浅はかなのもいいところですが、
ブログに書くことで、自分がまだ出会ったことのない多くの方からコメントを頂きたいと思ってます。

多分わたしがこれから綴っていくであろうテーマ↓

・仕事のこと
・資格のこと
・美容健康のこと
・ファッションコスメのこと
・友人のこと
・同僚のこと
・職場のこと
・恋愛のこと
・社会のこと
・時事ネタ
など。

つまり、22歳の一般的な娘が一般的に考えていること全般を幅広く書いていこうと思っています。

文章力ないから、面白くないかもなーー。
エンターテイナーな才能もないし。
でも色んな方にコメントいただけると嬉しいです。
色んな考え方に触れたいので。


ブログの目的上、友人・知人には一切ここを公開してはいません!
rinneyはmixiもやっていますが、mixiは友達ばっかりだからな~。。。
書きたいことも制限されます。

なのでここでは、ありのままの自分を書くことで、自分を見つめなおしたいです。

よろしくお願い致します!
[PR]
# by rinney | 2007-01-28 23:07


きれいになりたい

最近、「きれいになりたいなー」と強く思います。

まあ、男の人でも「かっこよくありたい」って思うのは普通のことでしょうし、女の人が「きれになりたい」と思うのも普通だと思いますけど。

わたしは自分に自信がありません。
そんなの、誰でもそうかもしれませんが、
自分以外の人が心の中で何を思っているのかなんて実際のところわかるはずもないので、
ここでは敢えて自分本位に考えてみることにします。

そう、わたしは自分自身に「自信」がないんです。
周りのひとと自分を見比べては、「もっときれいになれたらいいのになー」とか「もっとスタイルが良ければいいのに」とか他人に憧れてばかりで、そんな自分が憎らしく思えてきます。

自分が周囲からどう思われているのか、そんなことばかり気にしている。



でも多分問題は、わたしの容姿がきれいだとかきれいじゃないとか、そんなレベルのことではないんでしょうね。

目とか鼻とか口とか輪郭とか、太ってるとか痩せているとか、髪がストレートか癖毛かとか、
そういうことではなくて、

もっと内面からにじみ出る“美しさ”こそが重要なのだろうと思いはじめました。

容姿における“美しさ”は、モデルさんとか女優さんとか、そういう人が「商品」として売り出しているもの。
そのレベルの“美しさ”を手に入れている人は、それもその人の能力なので、それを十分に発揮すべきだと思います。

でも、そこまでの“美しさ”なんて、ごく一部の人しか手に入れられない。
ほとんどの人は、モデルさんでも女優さんでもない、『一般的な人』です。

では、『一般的な人』はどうやったら“美しさ”を手に入れられるのか。

きっと、自分の信念を持って、自分らしく堂々と生きている人の姿こそが、“美しい”ものなんだと思います。
人と比べる必要なんてない、自分の生きる道をまっすぐ前を向いて歩いている人が、かっこいい。

そんな風にシャンとして生きている人を見ていると、顔立ちとかスタイルとかに関係なく
「あ、なんかきれいだな」とか「かっこいいな」とか、そう思える瞬間って必ずあるじゃないですか?



わたしが自分を憎らしく思うのは、他人と自分を比べてはどこかで劣る部分のある自分を見つけて自分を卑下する、
そういう自分がいることに対して、なんだと思います。

わたしと比べれば、きれいな人なんてきっと世の中に“ごまん”といるけど、
わたしは自分が選んできた道を精一杯やり通して、今まで生きてきた。

そんなに大それた人生ではなかったけど、それでも根性と気合で色んなことを乗り越えてきたし、
そんなわたしを認めてくれる人もたくさんいました。

自分が歩いてきた22年間の「道」があるのに、それは誇らしいことなのに、
自分と他人を比べて劣る部分があると下を向いてしまう、自分がみじめに思えてしまう、
そんな自分がいることを憎らしく思うんだと思います。

誰でも下を向いて生きていちゃ、“きれい”じゃない。
みじめな気持ちばっかり噛み締めていたら、“美しい”わけはないと思います。

他人が自分をどう思っているのか、そんなことばかりに気を取られるんじゃなくて、
自分が22年間歩んできた「道」を信じて、まっすぐ前を向いていたい。
そういう内面の“美しさ”を磨いていきたいなあと思います。



なんだかだいぶ、道徳的な文章になっちゃったけど
まあもうじき社会人だし。いいよね、別に(笑)
[PR]
# by rinney | 2007-01-26 23:12

    

日々感じていることを素直につづります。
by rinney
カテゴリ
全体
恋愛
資格
就職
趣味
独り言
時事ニュース
教訓
日記
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧